土地の有効活用 Land use

ホーム 土地の有効活用 よくある質問と回答

土地活用についてよくある質問

土地の有効活用って何?

所有している遊休地や低利用地を現状よりも有効に利用することです。更地のままで土地を所有していると、利益は無いのに毎年固定資産税を支払う必要があるため、税金分が出費になります。
節税効果や収入を得られるように計画建てて利用する事が土地の有効活用です。

土地の活用法を教えて下さい

土地活用の代表的なものに、借地、駐車場経営、賃貸住宅経営などが挙げられますが、大事なのはご所有の土地の特徴を見極め、最適な事業を行う事です。周辺のマーケティング調査や綿密な事業計画をご提案する事で、長期に安定収入を実現いたします。

どんな土地でも大丈夫なのでしょうか?

佐元工務店では、法的な規制や敷地形状(変形や狭小敷地など)をお調べした上で、大切な土地を無駄なく有効活用できるようフリー設計や企画商品で最適なプランをご提案いたします。
マーケティング調査を行い、適切な入居者ニーズをお調べいたします。近隣市場をきちんと把握しご提案いたします。

アパート経営を始めるためにかかる費用にはどんなものがありますか?

賃貸住宅経営を始めるにあたって、建設費用以外にかかる費用があります。
[1]外部給排水工事
[2]外構工事
[3]地盤補強工事
[4]登記費用、火災保険料
敷地状況によっても工事内容や金額も異なるので計画段階での入念な調査が必要です。

節税対策になると聞いたことがありましたが?

賃貸マンションなどを建てると、土地の評価が「貸家建付地」となり、土地評価額が大きく軽減されます。(一戸当たり200m2までの部分に対して、固定資産税6分に1、都市計画税3分の1、200m2を超える部分も固定資産税3分の1、都市計画税3分の2)
また、建物に対しても固定資産税が当初3年間(3階建て以上の中高層耐火構造は5年間)、1住戸1戸につき120m2までは2分の1に軽減されます。
ローンでの建築の場合、相続財産から債務控除を行うことが可能のため、相続対策にもなります。

賃貸経営は相続対策になりますか?

なります。賃貸物件を建設する事でその宅地の一定の面積までの部分については相続税評価額が軽減されます。

土地の形が不整形のため活用に不向きと言われた。

不向きかどうかは、一度調査させていただいてからご判断ください。佐元工務店では、狭小地・不整形地を最大限に生かせる土地活用をご提案いたします。
≫戸建賃貸住宅「プロフィット」

賃貸経営にはどんなメリットがあるのでしょうか?

大きく分けて3つの効果があります。
(1)長期安定収入
(2)固定資産税の軽減
(3)相続税の節税
節税効果と安定収入をうまく活かし大切な土地を財産として次の世代に残せます。
≫土地活用について